こだわりの雑学


記事の内容

前へ | 次へ

かゆいしもやけが足にできたときの対処法
2013/01/17 11:11

まず足にかゆいしもやけができてしまうときは、女性なら窮屈なパンプスなどを履いて、足の血行が悪いなかで、冷えてしまった場合に起こるようです。
それは靴の中の湿度で靴下が湿ってくると足が冷えやすくなるので、かゆいしもやけ対策には靴下の履き換えをして暖かさを保つほうがいいそうです。

かゆいしもやけを防いだり、悪化させないためには、まず冷やさないことが重要になっています。

かゆいしもやけが足にできてしまうと、むずむずとしてなかなか落ち着かない状態になってしまうようです。
また靴下や靴で温められていることで、足のかゆいしもやけはさらに気になってしまい、かゆみや痛みでかなり歩いたりするのが困難になる場合もあるようです。
つまり足のかゆいしもやけは、冷えてしまったことと、血行不良で出来上がってしまうようなのです。
しかし靴下を二枚重ねて履くのは、かゆいしもやけを逆に引き起こしやすくなるそうで、むしろ靴下を履き替えるほうがいいようです。
足は普段、靴下をはいたり、靴を履いていますから、よく温められている状態のはずなのですが、かゆいしもやけができる場合もあるのです。
また雪の日などに足が急激に冷えてしまった上に、雪が靴の中にしみこんだ状態が続いてかゆいしもやけができてしまう場合もあります。
足にかゆいしもやけができててしまった時の対処法を研究してみましょう。

カテゴリ:雑学

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog