こだわりの雑学


記事の内容

前へ | 次へ

かゆいしもやけの薬
2013/01/18 11:21

かゆいしもやけになってしまい、ほっておいたら、悪化してしまった場合は、薬のお世話になるしかないようです。
かゆいしもやけを皮膚科で診察してもらい、薬を処方していただくと、飲み薬と塗り薬が一緒に処方されることが多いようです。

かゆいしもやけはできやすい方とできにくい方がいて、そのできやすい体質の方をできにくい体質に変えていくのだそうです。
かゆいしもやけはかゆいからといってかいてしまうと、どんどん悪化してしまいますから、やはりかゆみ止めと炎症止めは必要なようです。
ただ、かゆいしもやけがかゆくて、腫れているのから困っている場合ならば、体質を変えていく漢方薬も効果的だそうです。
そのためにかゆいしもやけを通常の薬ではなく、漢方薬で治していくのであれば、症状を説明して、自分に合った漢方薬を選んでいただくといいそうです。
かゆいしもやけについての情報をサイトやブログ、掲示板を使って集めてどんな薬が使われているのかを調べてみましょう。

かゆいしもやけを治していく場合、まずはどれくらい症状が悪化しているかや、自分の抱えているかゆみや痛みの度合いで判断したほうがよさそうです。
薬を塗って、かゆみを抑えながら、炎症を鎮め、飲み薬で体内の血行を促進していくと、かなり症状が緩和されていくのがかゆいしもやけです。
劇的な変化が、かゆいしもやけに起こることは少ないようですが、漢方薬を飲み続けていれば、かなりできにくくなっていくようです。

カテゴリ:雑学

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog