こだわりの雑学


記事の内容

前へ | 次へ

iPS細胞と網膜再生
2013/01/25 12:31

現代の難治性網膜疾患を治療可能にするため、iPS細胞は、大きな期待がかけられています。
皮膚などの体細胞に、いくつかの遺伝子を導入することで、iPS細胞は、色々な組織や臓器の細胞に分化することができます。
しかしながら、網膜再生のiPS細胞の研究はまだ始まったばかりで、網膜再生は、今はまだ視細胞ができた段階にすぎません。
あまり過剰な期待をせず、iPS細胞の研究成果が長い目で、網膜の再生に寄与してもらいたいものです。
2006年、京都大学の山中伸弥教授が世界で初めてiPS細胞の作製に成功して、大きな注目を集めることになります。
網膜再生によるiPS細胞の期待値は、矯正視力で0.1程度の視力を得ることと言われています。

iPS細胞の研究は、人工網膜を超えたという意気込みがあり、10年後にはできれば患者に文字を読ませたいと述べています。
そして、そこからRPEシートを作製し、移植する技術をもiPS細胞は既に開発していて、実用化に向けて邁進しています。
しかし、今現在は、iPS細胞はそうした問題点を克服し、そうしたことが起こりにくい方法によって作っています。
分化誘導した網膜色素上皮細胞移植を掲げていて、iPS細胞は、加齢黄斑変性の新たな治療法の確立を目指しています。

カテゴリ:雑学

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog