こだわりの雑学


記事の内容

前へ | 次へ

iPS細胞の実用化
2013/01/26 12:41

iPS細胞は、早期の実用化が期待されていますが、そのメインは、創薬と再生医療に分かれます。
一方、再生医療におけるiPS細胞が実用化されると、必要な細胞にして移植することができるようになります。
ただし、iPS細胞で再生医療を実用化するには、不純物を厳密に避けなければならず、高い技術が必要になります。
そして、難病患者の細胞を集めて、創薬などに生かす取り組みが、iPS細胞では積極的に行われています。
しかし、iPS細胞の実用化に向けては、臍帯血の提供者から同意を取り直す、再同意が必要になってきます。
第三者から体細胞の提供を受け、iPS細胞を作製するには、備蓄、保管という体制づくりがとても大事になるのです。

iPS細胞を実用化するには、臍帯血が必須ですが、備蓄することに対する具体的な指針がまだ定められていません。
これを備蓄してiPS細胞の再生医療に生かしたいとする説を述べていて、実用化のためには、細胞ストックが最大の目標と指摘しています。
マウスを使った実験では、iPS細胞により、オスの精巣に移植して精子にしたり、メスの卵巣に移植して卵子にするなどの研究が実際に成功しています。
今後も色んな分野でのiPS細胞の活躍が期待されますが、実用化に向けては、慎重な対処が必要です。

カテゴリ:雑学

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog