こだわりの雑学


記事の内容

前へ | 次へ

iPS細胞のメリット
2013/01/27 12:51

既に分化した体細胞から作れるのがiPS細胞のメリットで、患者本人の細胞から作ることができます。
iPS細胞の場合、皮膚細胞などから作成できるので、倫理上の問題はかなり少ないというメリットがあるのです。
そんな中、iPS細胞は、そうした障壁を乗り越えることができるメリットを有しているのです。
患者本人の細胞から作成することができるiPS細胞は、拒絶反応の心配がないという大きなメリットがあります。
患者本人の遺伝情報をもたないES細胞は、拒絶反応が避けられないので、これはiPS細胞ならではのメリットと言えます。
これを回避するには、iPS細胞と違い、卵子に患者の皮膚細胞などの細胞核を入れたクローン胚を作成する必要があったのです。
まず、iPS細胞のメリッとして挙げられるのは、倫理的な問題が少ないということが指摘されています。
クローンES細胞は、クローン人間づくりにつながる恐れが懸念されていて、iPS細胞とは反対に、多くの国が作製を制限しています。
また、iPS細胞なら、胎児を使う必要もないので、倫理的な問題がないというメリットもあります。
iPS細胞を上手く利用すれば、クローン技術を使う必要がなくなるので、大きな期待がかかっています。

カテゴリ:雑学

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog