こだわりの雑学


記事の内容

前へ | 次へ

iPS細胞での再生医療
2013/01/29 13:11

ただ、研究者の倫理観念は人によって様々で、当初、山中教授のiPS細胞に対して、訝しげな視線を送る学者は沢山いました。
だだ、厳しすぎる法整備が確立されてしまうと、iPS細胞の再生医療技術は、立ち遅れてしまうことになるでしょう。
宗教観念の希薄な日本では、こうしたiPS細胞の問題点はあまり揶揄されていませんが、世界の国々では、神への冒涜と非難する声も多くあります。
医療の進展のため、完全な人を模倣することは中々、許されないので、iPS細胞の再生医療の問題は多くの課題を残しています。
つまり、再生医療に関するiPS細胞の開発は、未だに解決の糸口が見ないままの状態であるということです。
今、最もiPS細胞で注目されているのは、再生医療の進展がどこまで許容されるという点です。
かつてES細胞の研究推進が叫ばれた時、不遜な行為として糾弾を受けましたが、iPS細胞では、されはあってはならないことです。
しかし、人体を創造できるiPS細胞は、最終的に、クローン技術の是非が問われることになります。
iPS細胞による再生医療が実現すれば、医学の在り方を変えるのはもちろん、生命の定義そのものを塗り替えることになります。iPS細胞は、人の普遍的な体細胞から樹立できることから、ES細胞よりも大きく進化しています。

カテゴリ:雑学

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog