こだわりの雑学


記事の内容

前へ | 次へ

iPS細胞の応用方法
2013/01/30 13:21

iPS細胞は、色んな種類の細胞に対して分化、成長させることができるので、様々な分野での応用が期待されています。

iPS細胞を応用した夢の治療法は、拒絶反応がゼロの手術で、今後は実用化が期待されています。
iPS細胞を応用した世界でも初めての臨床応用例で、山中伸弥教授がマウスを使ってこの細胞を作り上げてから、たった6年目の快挙でした。
ボランティアの皮膚をiPS細胞のために募るよりは、親知らずを集めるたが効率的で安全です。
世界移植手術国際会議において、iPS細胞を応用した、画期的な治療法が正式に発表されたのです。
今後は、乳歯や大人の親知らずからもiPS細胞ができるかを研究するとのことで、更なる進展が期待されています。
このiPS細胞の実験においては、女児から抜いた親知らずの歯の細胞に、数種の遺伝子を組み入れました。
提供者の体を傷めずにiPS細胞が入手できるというのは非常に大きいことで、これは大きな進歩と言えます。
応用した技術と言えば、親知らずの歯の細胞からiPS細胞を作製するという技術も先ごろ発表されています。

iPS細胞は、これまで皮膚や骨髄となどの細胞から作られていたのですが、親知らずを応用することでも利用できることがわかりました。

カテゴリ:雑学

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog